マサ公の将棋実戦次の一手

初心者に将棋の考え方を分かりやすくかみ砕いて解説

ゴールドシップ、憎めないあいつを育成してみて|有馬記念までの栄光がかすむ!出遅れ癖の真相とは?

も!マサ公です😊

今日はゴールドシップの、ウマ娘での育成レビューについて詳しく述べます。

あわせてダイワスカーレットウォッカとの育成難易度の比較と、ゴールドシップの略歴についても触れたいと思います。

ゴールドシップといえば彼の輝かしい競争遍歴もさることながら、三連覇がかかった宝塚記念のゲートでの奇行で、ファンの期待を裏切った馬としても有名です。

その奇行の真相とはどんなものだったのでしょうか。

さっそく見ていきましょう。

 

 

 

f:id:masakouchang:20210325074020j:plain

 

 

 

CONTENTS

 

2015年宝塚記念でファンの期待を大きく裏切った凡走の真相

 

ゴールドシップ気性に問題ある馬としてその奇行は有名です。

2014年の天皇賞春で、ゲートで立ち上がって怒り散らすパフォーマンスとみせ、惨敗してあらためて彼の気性的問題を露呈します。

そして迎えた2015年宝塚記念

彼はこのレースで再びゲートで暴れだし、他の馬がしばらく進んでからのスタートとなる、大出遅れを演じてみせます。

このときのゴールドシップの怒りの真相は何だったのでしょうか。

実は隣の枠のトーホウジャッカルがウルサクしたため、彼はつられて怒りだしてしまったのだそうです。

枠入り最後のラブリーデイが入るころにはその怒りはピークに達し、とてもスタートどころではなくなってしまったのでしょう。

このように気性に一癖も二癖もあるゴールドシップに、その辺にいそうな気難しくもなぜか許せる人物を連想してしまい、かえって親しみを感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

ゴールドシップダイワスカーレットウォッカのキャラを比較してみて

 

実際ウマ娘のキャラクターの中で、他にダイワスカーレットウォッカのキャラに触れてみた段階では、私と一番ウマが合うのはゴールドシップです。

ダイワスカーレットは性格が良く頭も良すぎて、かえって手がかからなすぎて面白みに欠ける感じがします。

ウォッカは男勝りな性格と頭があまり良くない特徴を持っていますが、そのキャラがタイプでないのと、彼女の育成には大きなカベが立ちはだかります。

本物のウォッカはダービーで優勝していますが、並みいる歴代の強豪馬がそろうゲーム内では、ダービー5着以内の課題は困難を極めます。

そんな理由で何度育成に失敗しても、ゴールドシップを愛育し続けているのですが、次に育成することによって得た手ごたえを述べます。

 

 

 

ウマ娘ゴールドシップを育成してみた感想

 

ポイント

  • 有馬記念3着以内の突破
  • 適切な継承・サポート・フレンドウマ娘の選択
  • 優先順位をつけたトレーニン
  • 適切なレースローテーション
  • 苦しいときは逃げ作戦
  • その他の注意点
  • 運を天に任せる

 

有馬記念3着以内の突破 

 

私がゴールドシップの育成に、5回以上挑戦してみての手ごたえでは、最大の難関は有馬記念3着以内の目標です。

一回だけ突破しましたが、次の天皇賞春3着以内の目標に向けて、既に余力はありませんでした。

 

適切な継承・サポート・フレンドウマ娘の選択

 

私の試した条件は、ダイワスカーレットウォッカを継承ウマ娘とし、サポートウマ娘サイレンススズカスペシャルウィークメジロマックイーントウカイテイオー

フレンドウマ娘スーパークリークでした。

 

優先順位をつけたトレーニン

 

育て方としては、開始段階での各能力の初期値の比率を維持し、ターンが足りないときはスタミナ、パワー、根性、スピード、賢さの順で優先トレーニングを行いました。

 

適切なレースローテーション

 

選択したレースローテーションは、新馬戦の後11月後半の京都ジュニアステークスか、東京スポーツ杯ジュニアステークスに出走。

目標のホープフルステークス後、皐月賞前に弥生賞

皐月賞後はダービーをパスして鍛練に集中し、9月後半のセントライト記念神戸新聞杯に出走。

そして菊花賞を迎えます。

ここまででは、GⅠを勝てればそれに越したことはないですが、最低でも重傷を1勝、できれば2勝したいです。

でないと次の有馬記念では、獲得ファン数不足で出走すら叶わないからです。

菊花賞から有馬記念までは3ターンしかなく、鍛える余裕に乏しいので大変です。

1回だけ有馬記念3着を突破したときには、天皇賞春の前哨戦に京都記念を選択しました。

しかしなるべく鍛える余裕があった方がいいので、阪神大賞典を前哨戦に選んだ方が良いかもしれません。

 

苦しいときは逃げ作戦

 

ゴールドシップは、レース時の作戦としては追い込み・先行を得意とし、逃げをあまり得意としない設定になっています。

しかしGⅠなどで人気がなく、マトモにいっても勝ち目が薄いときは、逃げを選択すると案外結果が良かったりします

 

その他の注意点

 

あと気をつけた点としましては、途中のイベントで2択または3択の回答を迫られるシーンがありますが、私はなるべく無難な選択をしました。

選択を誤ると、ステータスに不利を受けることが有りますので注意してください。

またトレーニングでのロスが、なるべく少なくなるようにしてください。

 

運を天に任せる

 

目標を深く達成するためには、先ほど述べたローテーションの過程でどれだけ好成績をあげるかが重要、というのが全体の印象です。

出だしが良ければ好循環が生まれます。

 

みなさんの健闘をお祈り申しあげます。

 

 

 

f:id:masakouchang:20210325085936j:plain

 

ゴールドシップの略歴 

 

血統

 

ゴールドシップの父はステイゴールド、母はポイントフラッグで母の父はメジロマックイーンです。

ステイゴールドメジロマックイーンの組み合わせは、彼の先輩オルフェーブルと同じです。

2頭が好成績を収めたことから、この組み合わせは当時、ピッタリのニックス※としてモテはやされました。

ポイントフラッグの母系を遡るとスイートフラッグという牝馬に行き当たります。

彼女は重賞2勝、桜花賞2着、オークス3着の実績を残した名牝で、その子孫は数代を重ねてゴールドシップに結実したのです。

 

※ニックス・・・種牡馬繁殖牝馬の父との相性(例:サンデーサイレンス種牡馬×ノーザンダンサー牝馬

 

誕生

 

ゴールドシップの母は身体が大きすぎて脚元に負担がかかりがちだったので、身体が小さいステイゴールドを配合した経緯があるそうです。

しかしこの両親のもとに生を受けた彼は、案に反して500キロを超える大型馬でした。

 

デビュー

 

ゴールドシップは2011年7月に函館でデビューしました。

 

主な勝ち鞍(活躍期間2011~2015年)

 

共同通信杯(GⅢ)

皐月賞(GⅠ)

神戸新聞杯(GⅡ)

菊花賞(GⅠ)

有馬記念(GⅠ)

阪神大賞典(GⅡ)(3連覇)

宝塚記念(GⅠ)(2連覇)

天皇賞春(GⅠ)

 

生涯成績28戦13勝(GⅠ6勝ほか重賞5勝)

 

海外出走歴 凱旋門賞14着

 

印象的なレース

 

2012年(3歳)4月 皐月賞

4番人気に支持されたゴールドシップは、その後自身のレーススタイルとなった道中最後方から3コーナーを境に徐々に進出する作戦がはまり、初GⅠ制覇をとげる。

 

10月 菊花賞

ゴールドシップは、ダービーの1~4着馬がすべて何らかの理由で同レースを回避する幸運に恵まれる。

圧倒的1番人気に支持され、レースでは向場面から進出を開始し4コーナーで先頭に立つとそのまま押し切って2冠目のクラシックタイトルを手に入れる。

 

12月 有馬記念

ファン投票で6位に押され、陣営は出走を決定。

ゴールドシップはファン投票上位の、オルフェーブルとジェンティルドンナが回避するという、またも幸運に恵まれる。

1番人気に支持され、GⅠ3勝目となるタイトルを手にする。

この結果、2012年度の年度代表馬の座こそジェンティルドンナに譲ったものの、最優秀3歳牡馬に選出され、この年の牡馬最強を印象づける。

 

2013年(4歳)6月 宝塚記念

ファン投票2位で迎えたこのレースは、1位のオルフェーブルが回避し、3,4位のジェンティルドンナフェノーメノとの3強対決の様相を呈する。

ジェンティルドンナに次ぐ単勝2番人気に支持されたゴールドシップは、ライバル対決を制してGⅠ4勝目をあげる。

 

2014年(5歳)6月 宝塚記念

連覇がかかるこのレースは、ファン投票1位の自身を含めて3位まで(2位ウィンバリアシオン、3位ジェンティルドンナ)が出走を表明するハイレベルな一戦となる。

1番人気に支持されたゴールドシップは、2着に3馬身差の完勝。

GⅠ5勝目。

 

2015年(6歳)5月 天皇賞

ゲート入りを嫌がり目隠しされてのゲートインとなり、スタート後は1番人気のキズナと並んで最後方。

最後の直線で逃げた馬を抜くと2着にクビ差の辛勝。

3度目の挑戦で初めて天皇賞春のタイトルを手にする。

GⅠ6勝目。

 

 

 

引退後

 

種牡馬となり重賞勝ち馬一頭(ブラックホール、2019年札幌2歳ステークス)を輩出し現在に至る。

 

f:id:masakouchang:20210325093500j:plain

 

まとめ

 

ゴールドシップは気性に問題がある、ポジティブな見方をすればヤンチャという表現がピッタリな憎めないやつ、というのが私のつき合ってみた印象です。

そんな彼(女)をウマ娘で育成するのは、ダイワスカーレットに比べて困難を極めましたが、それでも微笑ましくてやり甲斐のある仕事だと感じました。

現実のゴールドシップがこれから走る馬をたくさん輩出し、産駒がいくつものGⅠタイトルをとって、父に負けない馬たちが現れることを願ってやみません。

お読みいただきありがとうございました。

 

関連記事リンク

 

 

masakouchang.hatenablog.com

 

masakouchang.hatenablog.com

 

 

masakouchang.hatenablog.com

 

 

masakouchang.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬グッズ・ゲームへ
にほんブログ村